結婚の記念にしたい素敵な写真!フォトウェディングのミニ知識をご紹介します

フォトウェディングをして結婚の記念になる写真を手元に残したいと思っている人もいるのではないでしょうか。フォトウェディングは和装や洋装のどちらでもすることができます。着替えて両方のパターンで撮影することも可能です。またフォトウェディングはスタジオ内での撮影だけでなく、ロケーション撮影も選べることがあります。プランによっては両親や子どもなど、家族と一緒に撮れたりペットも一緒に写ることができたりもします。

フォトウェディングの写真はデータで受け取るのもおすすめ

フォトウェディングをして結婚の記念に残せる良い写真を撮っておきたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。フォトウェディングの写真は初めからアルバムにしたりフォトブックを作ったりして受け取るのも良いですが、データで受け取っておくのもおすすめです。せっかくプロのカメラマンに撮ってもらうなら、写真を様々な方法で活用できた方が楽しめます。例えばその年の年賀状に使うのも良いかもしれません。特に、和装のフォトウェディングで撮った写真なら年の初めの挨拶にはピッタリです。それから、結婚をしたことを報告するための挨拶状に使うというアイディアもあります。しばらく会っていなかった友人へ送ると、どのような相手かを写真で知らせることが出来て便利です。フォトウェディングのプランによってはデータが受け取れなかったり、枚数が少なかったりすることもあります。全て購入しても良いですが、必要なだけを購入すると費用を抑えられることがあります。

フォトウェディングだけの人へはご祝儀を渡すのか

近年は多くの人を呼んで盛大に行う結婚式は減りつつあります。その理由として、単純にお金が掛かる事はしたくない若い世代の方々が増えているだけでなく、コロナ禍の影響もあって人が一ヶ所に集まることを避けている人が未だに一定数いるというのが理由です。そのような中で最近は、結婚式は挙げなくともウェディングドレスだけは着たいという女性の要望に応えるために、写真だけを撮影するフォトウェディングを選択する方が増えています。一生に一度あるかないかの晴れ着姿を着るのは、とても大切なことです。予算的にも安く済むので、資金のない若い世代にも好まれているのが現状です。 このフォトウェディングを挙げる新郎新婦に対して、ご祝儀が必要なのか悩んでいる方も多いでしょう。 実際にご祝儀を渡す際には基本的に挙式の受付が一般的ですが、フォトウェディングはそれが無いからです。 そこで考えて欲しいのが、それは相手に対する気持ちであると言うことです。思う気持ちがあるのであれば、渡すのも悪くないでしょう。

フォトウェディングにはどのくらいの費用がかかる?

通常の結婚式ではなく、フォトウェディングを選択するカップルが確実に増えています。新型コロナウイルスの流行で写真だけでも撮影しておきたいと利用するようになったことに加えて、費用面など多くのメリットがあることも選ばれている理由です。スタジオだけであれば10万円前後で、オプションのロケーション撮影も含めると20万円から25万円くらいが相場になります。一般的な規模の結婚式は400万円から500万円もかかってしまうので、若い世代のカップルにとってかなりの負担になっています。親からの支援がなければ、簡単に出すことができない金額です。 フォトウェディングは費用が安いのが魅力ですが、安さだけで決めるのはおすすめできません。料金が安いことを求めるのは構いませんが、品質の高さやカメラマンの技術力なども重視するべきです。結婚の記念に撮影するので、最高の写真が撮影できるところに依頼する必要があります。事前の情報収集はしっかり行ってください。

フォトウェディングをスタジオでするメリット

大切な結婚の記念のフォトウェディングはスタジオとロケーションのどちらが良いか迷ってしまう、という人は多いのではないでしょうか。どちらを選ぶのにもそれぞれ魅力がありますが、スタジオなら、天候や季節にあまり影響されないというメリットがあります。屋外でフォトウェディングをするとなると、天気によって写真の印象が大きく異なってきてしまいます。また季節によっても背景の雰囲気が変わったり、適した装いに違いがでてくるのが特徴です。その点、室内なら気温や晴雨に関わらずスムーズに撮影できます。ロケーション撮影でのフォトウェディングとは異なり、撮影スポットまで移動する必要がないのも良いところでしょう。移動にかかる時間を節約できるほか、交通費やロケ地の使用料なども不要です。それに加えて人目を気にせずにフォトウェディングが出来るというメリットもあります。カップルが仲良く可愛いポーズを撮っているのを、通行人に見られるということがありません。

フォトウェディングではどのくらいのカット数を撮影するべき?

フォトウェディングは一生に何回も経験するイベントではないので、とにかく準備を徹底しなければいけません。
準備を徹底するためには情報が大事になるので、まずはフォトウェディングがどのようなイベントなのか理解する必要があります。
最初に設定するのは「フォトウェディングではどのくらいのカット数を撮影するべき?」という点であり、これは多過ぎても少な過ぎても良くないです。多過ぎると時間が長くなって非効率的な時間が流れてしまい、お金と時間を無駄にする可能性が高くなります。
逆に少な過ぎると納得できる写真が撮影できなくなり、不完全燃焼で終了してしまいます。
不完全燃焼に終わるともう一度フォトウェディングをしなければいけないですし、余計なお金と時間が必要になります。
無駄なお金と時間を使わないためにも、最初の段階でベストなカット数を決めるべきです。
ロケーションに応じてある程度の枚数を確保しておき、ポーズや角度なども決めておくのがおすすめです。

フォトウェディングをするタイミングの選び方

一生に一度の思い出となるフォトウェディングは、どのタイミングで撮影すれば良いのか悩んでいる新郎新婦の方も多いのではないでしょうか。
フォトウェディングはスタジオ撮影の場合は天候などの影響を受けないため、基本的には二人のスケジュールが合うタイミングが好ましいです。
海辺や花畑などロケーション撮影の場合は、気候が穏やかな時期を選んだり、季節によって表情や風景が変化するため、桜や深緑、雪など二人のイメージに合ったフォトウエディングが撮影できる季節を選びましょう。
フォトウェディングは入籍前に撮ることによって、お互いの親族への報告や挨拶の時に使えたり、近年はSNSでフォロワーや友人に向けて結婚報告することも少なくないので、入籍報告に活用することができます。
入籍後は、お互いの親族と一緒にフォトウェディングを撮影できるメリットや、入籍報告までに撮影しないといけないなどがないので、スケジュールに余裕が持てるメリットがあります。

構図にこだわったフォトウェディングで奇跡の1枚を撮る

フォトウェディングを撮影する際にこだわった方が良いのは写真の構図です。同じ場所で撮影する場合でも、構図を変えることで撮ることができる写真の雰囲気が大きく変わることもあります。
いろいろな角度から写真を撮れば、さまざまな雰囲気の写真を撮ることが可能です。
正面から撮った写真では満足できない場合には、横方向から写真を撮ることもできます。
正面から撮った時とは全く違う雰囲気の写真になることもあり、横顔に自信がある人にも向いている方法です。
フォトウェディングは、上方向から写真を撮ることもできます。上から撮った写真も独自の雰囲気があり、空を見上げているような写真を撮ることができます。
撮影する場所によっては、被写体から非常に離れた場所から撮った方が、奇跡の1枚を撮れることもあります。
風景が非常にきれいな場所でこうした撮影をすることもでき、周囲のきれいな風景と新婚のカップルを一つの写真の中におさめて、撮影できます。

フォトウェディングは結婚式代わりになるのか

フォトウェディングは結婚式代わりになるプランもあり、ただ単に写真を撮るだけではありません。
親族や友人なども踏まえて、たくさんの人とスタジオや一定のスポットで写真を撮って楽しむことがメインとなりますが、提携しているホテルや料亭などで食事をとりながら1日を過ごすプランもあるのです。
食事をしている所の雰囲気も写真にすることで、アルバムとして成立するようになっています。
また、食事においても、ただだんだんをするだけではなく、ちょっとしたパーティー形式でも行うことができるため、プランの内容を確認することが重要となります。
ホテルの場合はそのまま宿泊するようなサービスも行っているため、遠方からでも集まりやすいような配慮もされているものがあるのです。
フォトウェディングはリーズナブルな価格で実現するメリットがあるため、結婚式代わりにするには結婚相談所などで比較検討したり、要望を伝えて紹介してもらうことがポイントとなります。

フォトウェディングでは一般的に何枚くらい撮影する?

最近は結婚式にあまり多くの費用をかけないカップルも増えてきました。挙式や披露宴はしなくても記念写真は残しておきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
最近は、写真撮影のみを行うフォトウェディングの人気も高まっています。スタジオ内での撮影はもちろん、希望すれば屋外でのロケーション撮影を依頼することもできます。
フォトウェディングでは、何枚ぐらい撮るのかも気になるところです。プランによっても違いますが、100カットから200カット程度撮ることが多いとされています。
この場合も、すべてのデータが受け取れるとは限りません。例えば100カットの撮影でも、実際に受け取れるのは20カット程度ということもあります。
より多くの写真を残したいのであれば、全データを提供してくれる写真館やフォトスタジオを選ぶことをおすすめします。
台紙やアルバムだけではなくデータも受け取っておくと、フォトブックや年賀状など様々な加工ができるので便利です。

フォトウェディングをお洒落にする撮影小物

近年ではフォトウェディングをする際に、撮影小物を使ってお洒落に演出するというカップルが増えています。
フォトウェディングをよりお洒落にする小物を知っておくことで、自分でフォトウェディングや前撮りをする際にもお洒落な写真が撮れます。
定番なものとしては、フォトプロップスが挙げられます。
海外ではポピュラーなアイテムで、髭やメガネ、吹き出しなど手書きした紙に棒をつけるだけでできます。
好きなセリフを書くことができ、簡単に手作りすることもできるのが魅力です。
額縁もお洒落な小物になります。
額縁を持って写真を撮ることで遠近法を用いたり、フレーム内に二人の姿を入れるなど構成作りを工夫できます。
派手な写真を撮りたいなら、コンフェッティという選択肢もあります。
紙吹雪のことで散りばめるだけで華やかな雰囲気になります。
和装なら和傘や紙風船などでお洒落に演出することが可能です。
メッセージを込めたいというときには、習字などが似合います。

フォトウェディングに必要な所要時間とは

フォトウェディングにかかる所要時間は衣装の数とロケーションによって、大きく異なってきます。
和装と洋装を同時に行うとすれば、概ね2時間程度が2回で4時間程度必要となります。
衣装が増えれば増えるほど着替えに要する時間が必要ですから、その分だけ時間が長くなると考えられます。
これは写真館などの場所で、通常の撮影を行った場合を想定したものであることを念頭においてください。
最近のフォトウェディングは昔と異なり、創意工夫を凝らした場所で撮影が行われるようになりました。
例えば空港の滑走路近辺といった通常では許可されていない場所での撮影を行うことも、業者によっては可能です。
その場合は空港までの移動時間を考慮する必要がありますし、雨天を避けるなどの行為が必要となりますので注意しておきたいものです。
フォトウェディングにかかる時間は洋装1着で写真館を利用するのであれば、概ね2時間と考えていただいて差し支えありません。
これにはメイクアップなどの時間も含まれますが、ドレスを選ぶ時間は10分程度しか考慮しておりません。
納得いくまで選び抜きたいという方は、事前に選んでおくことをお勧めします。

ちょっと珍しいフォトウェディングのアイディア

最近はオリジナリティを生かしたフォトウェディングが人気であり、他人とかぶらないように新しいアイディアを採用するカップルも多いです。
最近流行りの珍しいフォトウェディングとしては愛車と一緒に撮影したり、ペットと一緒に撮影するスタイルが人気です。
基本的にはカップルが思い出を残すために行うのがフォトウェディングですが、最近はカップルだけではなく、家族や友人なども一緒に参加することもあります。
大勢で撮影すると家族や仲間との絆がより深くなりますし、後で振り返っていい思い出になります。
フォトウェディングは結婚式の前、結婚式の後、どちらのタイミングでやるのが正解なのか答えがわからない人が多いかも知れませんが、一番良いタイミングは新婚旅行と一緒に行うことです。
新婚旅行のタイミングなら遠方に足を運ぶことができますし、旅行を兼ねて話題のスポットに行くことも可能です。
普段行けないリゾート地に行ったら、ついでに良い写真をたくさん撮るのがおすすめです。

フォトウェディングに用意しておきたいものとは

フォトウェディングは、結婚式を挙げることなくウェディングドレスやタキシードなどを着て写真撮影をすることで、結婚式をしなくても一生の思い出に残る写真が残せ近年人気が高まっています。
フォトウェディングを行う際に、用意するものには以下のようなことがあげられます。
必須のものとして、ウェディングドレスやタキシード、ティアラやベールやブライダルシューズに加え花束などがあります。
準備が必要なことは、ヘアメイクや衣装の着替えなどです。写真撮影を行いますので、カメラマンの手配やスタジオまたは屋外のロケーションや撮影時間の決定などがあります。
費用については、衣装やヘアメイクやカメラマン雇用、ロケーション準備費用などによって変動しますが、結婚式を行う際の半分程度の費用で済むと一般的に言われています。
二人の好みやイメージに合った衣装を選ぶ事、プロのヘアメイクさんにお願いしより美しく撮影する事、事前の撮影場所の下見などがあります。
カメラマンと事前によく打ち合わせをして、イメージを共有することも大切です。

フォトウェディングの写真の保管方法

新郎新婦の特別な写真としてフォトウェディングを利用する場合は多くありますが、撮影後の保管方法もしっかり考えておく事が大切です。
結婚式を挙げるよりもフォトウェディングはリーズナブルに利用でき、より魅力的な写真を残せるのが特徴でもあります。
実際に撮影後の写真の保管自体は、一般的にアルバムに残すというケースが多いです。
写真を整理してアルバムに保管すれば、好きな時に見る事ができるだけでなく綺麗な状態を保つ事も出来ます。
より特別な写真であれば、写真立てなどのフレームに収納して飾っておくという事もおすすめです。
日頃から目につく場所におく事で、常にお互いを想いやり常に確認する事も出来ます。
データで残す方法にはUSBなどデジタルフォーマットとして保管する場合、より制限なく保管でいるのが強みです。
様々な保管方法があり選び方は自由ですが、定期的に整理だけでなくバックアップを取っておくとより安心して長く保つ事に繋がります。